Google 翻訳はめちゃくちゃ便利!

スポンサードリンク

ディープラーニング

Google翻訳は、ディープラーニングというIT技能を付け加えていったことで、かなり精度の高い翻訳が出来るようになりました。ディープラーニングは、単に文章を翻訳するのではなく、過去の膨大なデータから文章を推測して翻訳する機能です。

スポーンサードリンク

大変便利に使っています。

ちょっとした、翻訳や、外国語の単語が分からないときなど常に、使っています、今の私には、これがなければ、成り立たないことがあるのです、クラウドワークスで、ネーミングなどを、提案するときに、色々な言葉を、調べるのになくてはならないのです。自分のイメージに合ったことがを、どのように表現しようか、一緒に悩んでいるのです。

Google翻訳の正しい使い方

Google翻訳は常時アップデートを行っている関係で、結構自由に翻訳してくれるのですが、こと日本語->英語間に関しては基本的な文法があまりにも違いすぎるため、普通に日本語を入力しても思ったような英語に翻訳してくれない事が往々にしてあります。

そこで、英語->日本語変換時の日本語を思い出してみて下さい。外国人が話すような日本語にならないでしょうか?
ですので、日本語->英語の場合もそれを活かして、外国人が話すような日本語を入力すれば比較的まともな変換をしてくれます。

つまり、主語、述語、目的語は一切省略しないカッチリとした日本語を書けば良いのです。(特に「私」が抜けると主語がメチャクチャになります)

慣れてくると結構ちゃんと翻訳してくれます。処理速度が非常に早いのもGoogle翻訳の特徴ですので、使い勝手は良いかと思います。


ちょっと検索! 翻訳に役立つ Google表現検索テクニック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です