日本の郵便ってよく考えて見たら凄い

スポンサードリンク

郵便するものが変化しつつある

郵便と言えば、かつてはハガキが主流でした。年賀状のみならず、残暑見舞いや結婚式の案内等のやり取りで、ハガキは活用されてきました。しかし、インターネットの普及が進み、ハガキを主とした郵便は減少してきました。

スポーンサードリンク

郵便の配達時間が地域によって一定である

郵便の配達は地域によって配達時間が一定であるというのがすごいなと感じました。私たちの地域だけかもしれませんが郵便の配達のルートもあるのかもしれないですが配達がきっちり来てくれると手紙などの書類がその時間になったら配達くるなとわかるので助かります。

旅先から送る郵便はがき

普段、郵便で何かを送ることはほとんどありませんが、旅に出ると、旅先から郵便はがきを送りたくなります。若いころは、当時付き合っていた恋人や、小さいことで悩んでいた友達に。結婚して子供ができた今は、子供の字でおばあちゃんに。その場所で買った絵葉書などに、旅の思い出を書き添えて、出します。郵便事情が良いので、自分が帰宅するよりも先に、手紙が届いてしまうことも多いですが、それもまた、楽しい思い出です。

工夫次第でエプロンも送れるスマートレター

たった一枚のエプロンを身内に送る時のことです。

箱に入れて送るのも送料が高くなりそうなので、私は郵便局のスマートレターを使おうと思いました。
窓口で「みほん」のスマートレターを借りて折りたたんだエプロンを入れてみたら…、
心配した通り、厚みで許容範囲に引っかかりました。
そこで私はあきらめず、エプロンをゼット型に折りたたんでみました。
このたたみ方は、開封後出したとき崩れてしまうので相手が身内以外の方にはあまりおすすめできませんが、普通にたたむより厚みが少ないのです。

今度はOKがでました。OKがでてからスマートレターを買って住所などを記載したので、無駄に買わずに済むことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です