マイナンバーについて、知っておくべきことは!?

スポンサードリンク

提出する必要がある!

マイナンバーカードは、それがあるだけで様々な行政に関する手続きを簡素化出来るメリットがあります。ただし、注意点があります。例えば、投資信託や証券口座を持っている人については、各金融機関窓口にマイナンバーカードを提示して確認を得なければなりません。

スポーンサードリンク

サラリーマンとマイナンバーについて

平成28年中の手続きについては、雇用保険の手続きのみマイナンバーの記載がスタートしていました。資格取得・喪失の手続きなどです。税の分野については、平成28年分の申告から、つまり平成29年1月末までに税務署に提出の源泉徴収票や市区町村に提出の給与支払報告書より、マイナンバーの記載が必要になります。健康保険の手続きについても、各種手当金の申請書類についてマイナンバーの記載欄が既にありますが、省略できる場合もあります。

マイナンバーは安全なのか

マイナンバーは各家庭にもう、届いていると思いますが、セキュリティが本当に大丈夫なのかは正直微妙です。また、マイナンバーは完全な個人情報の為、本人確認書類には使用できないですし、紛失すると本人が再発行を依頼しないといけないので不便です。

副業がバレる恐れあり?!

マイナンバーが制定されると決まった時、マイナンバー制度により副業がバレる危険性がある。と報道されていました。
実際の所、バレる心配は無いようです。
確定申告の際に、税金を特別徴収ではなく自分で納めると選択すればバレないです。

マイナンバー制度ココだけは抑えておくべきこと

大事なことだけすぐにわかる マイナンバー制度

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です